滋賀風俗求人に関わる女性

・田舎から出てきて滋賀風俗求人に応募して働く女性

田舎生まれの私は滋賀で一人暮らしを始めるも羽を伸ばしすぎて借金をすることに。その返済のために風俗で働き始めることとなった私なのです。
そんな私が待機室で暇をしていると、ボーイから連絡があり指名が入ったとのことでした。
個人的には指名が入るとそれはそれで安心します。
今働く風俗店がある滋賀は結局のところ田舎なので、そこまで人口が多いわけではないので、そういう日もあるにはあるのです。
たま〜に一日中暇で、誰からも指名されなかったりすることがあるので、それはそれで落ち込みます。
それに、お客さんにつかないと、風俗はちゃんとしたお給料が出ません。
だから、仕事が出来るという喜びは少なからずあったりします。
それと同時に、新たな問題が発生します。
それはどんなお客さんなのか?です。

とにかく私が重視しているのは、楽しいお客さんだといいなぁと言うこと。
私からいくら話しかけても、うんともすんとも言ってくれないお客さんは、正直結構苦手です。
こんな仕事ですが、いや、こんな仕事だからこそ、コミュニケーションって大事なんだなぁと痛感させられます。
会話が弾むお客さんとのサービスは、こっちとしても楽しいし、結構やりがいがあったりします。
会話が弾まないと、ひたすら、事務的にサービスしている気持ちになって、それはそれでまぁいいのですが、何倍も疲れて買えることになります。
だから、お客さんに会うまでは結構緊張しちゃいます。
滋賀の風俗求人に応募したときはそんなことになるとは思いませんでした。

・ちょっとした興味から滋賀風俗求人に応募した女性

ひょんなことから滋賀の風俗に興味を持ち、「案外私でも行けるかも」と考えた私。今までエッチなことには無縁な人生だけど、経験が無いという訳ではなかった。大学・社会人のときに出来た恋人とは、普通の人と同じくらいのセックスはしていたと思う。私があまり好きではなかったからあまり積極的ではなかったのが原因。と言うのも私は自分で言うのも何だけど、見た目に反して結構敏感な体質。前の恋人とエッチをしたときも気持ち良くなり過ぎて途中から記憶がなくなったの。彼に聞くと「マ●コはびしょ濡れだったし、あえぎ声も外まで響くほど大きかったよ」と言うこと。エッチをしたら疲れ果ててしまって次の日の仕事に影響が出て、それが嫌だったから積極的にエッチを求めることもしなかった。でもそんな私にとって、もしかしたら風俗は案外向いているのかもしれない。そんなことを考えているうちに「どこかのお店で話だけでも聞いてみよう」という気持ちになってきたの。滋賀にある風俗の求人があったので、そのまま応募することにしたわ。