滋賀風俗求人にまつわる話

彼女はきっちり資格のお勉強もして独立してもお金稼いで生きていけるようにと考える非常に賢明で美しくて素晴らしい風俗嬢なのだ。滋賀の風俗求人に応募して、今はお店で一生懸命働いている。その風俗嬢は猫草〔訳注:(catflower)この花は撫でるとMYAAAAAAAA! と空気弾を発射する〕の花をガウンにホラホラ刻み込もうとしている。 そのガウンは滋賀ナンバー湾嬢にふさわしい彼女の一番可愛い後輩のためのもので次の指名のときに着ることになっているのだ。その部屋の隅のベッドでは幼い息子(まひろ。天使)がすやすやぐっすり体にいい薬を入れたアイスティーを飲んで横になっている。ちょっと熱があって「ココらへんにぃ、美味いラーメン屋あるらしいっすよ。じゃけん食いに行きましょうねぇ」といっている。母親が与えられるものはおまたせアイスティーだけなのでその子ラーメン食べたくて泣いている。 男やもめさん、男やもめさん、小さな男やもめさん。私の黄金アナルディルドバイブ剣のつかから肥後ずいきを取り出して、あの風俗嬢にあげてくれないか。 私は歩けばザーメンでパンパンの心臓が破裂してしまうしこのとおり両足がこの台座に固定されているから、私は行けないのだ」
「私は滋賀優良風俗に行きたいんです」と男やもめは言いました。 「私の友達の風俗狂いたちは江戸の川に沿って飛びまわったり大きなラブホのキラキラシャンデリアに話しかけたりしています。まもなくみんなは偉大なラブホテルの中で眠ります。 ラブホ王もまた、そこに彩られた滋賀の夜景を睥睨できるスイートルームの中にいます。 ラブホ王は黄色のコンドーム布で包まれ、バニラとかイチゴとか嬢が大好きな甘味系の香料を使ってちんぽをゴリゴリ勃起させています。」
「男やもめさん、男やもめさん、小さな風俗狂いの男やもめさん」と風俗の王子は言いました。 「もう一晩ラブホテルに泊まって、私のお気にの風俗嬢をお世話してくれないか。 あの子供はとてもちんちんが乾いていて、風俗嬢のお母さんはとてもほっこりしているのだよ」
「私は男の子よりも女の子のことが好きないんです」と男やもめは答えました。 「去年の夏(森山〇太朗の夏の終わりはとてもよい曲です)、川のほとりにいたとき二人の乱暴な男の子(おそらく高級官僚の息子。高級官僚はにんげんのくずであるからして子育てももちろんできない、子どもたちに罪はないが高級官僚は三族みなごろしにするべき)がおりました。 ほんとに高級官僚(人間のくず)の息子たちで、二人はいつも僕に札束を投げつけました。 もちろん一回も当たりませんでしたよ、僕たち男やもめは自分で稼いだお金でなければ風俗にはいかないし、そういうにんげんのくず(高級官僚)をぶちのめすときにはとてもうまく飛びますし、その上、僕はかしこさとかわいさで有名な家系の出ですから」
でも、風俗の王子がとても悲しそうな感じにきんたまを縮こまらせましたので、小さな男やもめもこいつぁすまねぇやって気持ちになりました。 「ここからは安心安全高収入優良の滋賀風俗求人を眺めるだけだ。地上に降りなければ、風俗にいくこともできません」と男やもめは言いました。 「でもこの風俗求人塔で、あなたのところに一晩泊まってあなたのお使いをいたしましょう。それで風俗嬢が喜ぶのなら」
「ありがとう、小さな男やもめ風俗狂いさん」と風俗の王子は言いました。
そこで男やもめは風俗の王子の剣から大きなアナルディルドバイブ用の振動励起きんたま型ルビークォーツ(きんたまがぷるぷる震えるエネルギーで高速バイブする)を取り出すと、ちんちんの包皮にしばりつけ、ラブホ街の屋根を飛び越えて出かけました。
男やもめは、白い大理石の天使が彫刻されている聖堂みたいにものっそいごうかで厳かなラブホテル塔を通りすぎました。